スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2010.02.10 Wednesday|-|-|-|by スポンサードリンク|

十六ささげの実が!!

ついに、こんなに大きくなったので、アップしました。

いや〜〜〜〜。


うれしいもんですね。


|2008.08.03 Sunday|ベランダ農園comments(0)trackbacks(0)|by もぐすこ

キャップの貯金箱の今!!!

キャップの貯金箱を始めてずいぶんたちますが、今ではいろんな方の協力を得られるようになり、やっと折り返し地点の200個が集まりました。


|2008.07.29 Tuesday|ボランティアcomments(0)trackbacks(0)|by もぐすこ

永田農法の日々

こんにちわ。久々のブログ更新です。

暑いですが、いかがお過ごしでしょうか?

今年の5月18日にカタログハウス本社の屋上で行われた永田洋子さんによる永田農法のベランダ園芸教室に参加したのですが、その時にいただいた十六ささげのタネを一生懸命育てましたところ、こんなに大きくなりました。


十六ささげの房です。花が咲いてこのあといんげんが細長くなったような実がつきます。十六ささげは種が16個はいっているからついたそうです。
ゆでてショウガ醤油でたべるとおいしいようです。早く食べてみたいな〜〜〜。


ちなみに相変わらずそだてているレタスちゃんですが、一鉢にこんなに大きくなって育っています。(8号サイズ位です)


今日のお昼にトマトのパスタと、レタスのサラダと、食物自給率50%の生活を送ってみました。
|2008.07.26 Saturday|食育comments(0)trackbacks(0)|by もぐすこ

からだにおいしい 野菜の便利帳が大好評

地球温暖化でエネルギー消費を押さえるのが大切だと気づいてきた私たち。
実は食選びでも大切な事項です。
フードマイレージという言葉をご存知だと思いますが、産地の違う物を食べるということは、輸送代もかかっているということ。つまり、そこで、車や、飛行機、船の燃料を消費しているのです。
また、季節の違うものを食べるということは、ビニールハウスの燃料も消費していることになります。
もし、食事からエコロジーを考えるならば、「地産地消」といって、その土地でできた作物やとれた魚、肉などをとるようにすることが大切なんです。また、旬の物はその時期の体に必要な養分がふんだんに入っていて、その土地でとれたものは体にあった食べ物なので、「医食同源」という観点からもとても良いのです。

大量消費時代に生きた私たちにとって、旬や土地の食べ物をきちんと理解するのはなかなか難しいことです。北海道洞爺湖サミットも始まることですので、これを機にちょっと考えてみるのもいいかもしれません。

そこで、おすすめの本ですが、以前6/1のブログhttp://mogusuku.jugem.jp/?eid=15でおすすめした本が、最近いろんなメディアで取り上げられています。
本日の朝日新聞でも売れている本として載っていました。
「食の安全性への意識がメタボ対策などで野菜が注目されている中、効能からレシピまで網羅されている野菜の本は少ない。図鑑でありつつ毎日の料理にも役立ち、さらに読んで楽しめるものを作ろうと思いました。」と担当編集者の小元慎吾さんが言っているとのことで、まさしく、読んでいて楽しくなってくる内容なんです。
なおかつ、値段も1365円とお手頃。

是非!!
|2008.07.06 Sunday|食育comments(2)trackbacks(0)|by もぐすこ

レタスを永田農法で作ってみた

梅雨らしいここ2、3日の東京ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
もぐすく通信のもぐすこです。

4月の終わりに蒔いたレタスのタネがこんなに大きくなりました。


永田農法レタス    生協で売っていたレタス栽培セットで作ったレタス

写真が小さくて解りづらいかもしれませんが・・・
永田農法れたすは。。。。小さいけど、しっかりしていて、青みがつよい。
生協れたすは。。。。。。普通に売っているレタスのような感じ。

どっちも甘みがあっておいしいです。

それに、自分で育てたのでうれしさひとしおです。(途中、アブラムシとの格闘で苦戦しました。それはそれは壮絶な戦いでした。。。)

一回たべてもどんどん育つので、毎週食べれます。

明日、このレタスでごはんをつつんで食べる予定です!!




|2008.06.23 Monday|食育comments(2)trackbacks(0)|by もぐすこ

キャップの貯金箱で参加する北海道洞爺湖サミット!?

北海道洞爺湖サミットが7月7日から開催されますね。

日本は「美しい星50」というパッケージを提案し、京都議定書を更に越え、2050年までにCO2排出量半減する目標を定めようとしています。

もとが横着者の私ですので、地球に対したいしたことはできないのですが、せめて、ということと、貧しい国の子どもも救えて(以前ブログに書きました、ポリオワクチンのはなしです。。http://mogusuku.jugem.jp/?cid=3)一石二鳥ということでキャップ集め始めたんですが、夫婦2人暮らしで今のところこんなところです。


しかし、ですね、「ちりとつもれば・・・・」ということで、こつこつとやってみま〜〜〜す。

何がいいかって、結構今までは回りのビニールを剥がしたりしなきゃいけないのでペットボトルの分別が面倒だったのですが、積極的にするようになりましたね。。。。
(無理して飲まなくていいのに、最後の一口が多くなったりと。。。こ、これはエコロジーではない!!!)

400個でポリオワクチン1人分。。。。まだまだ先は長いな〜〜

集まったらまた報告しますね!(かなりうれしいと思います、これは!!)
|2008.06.22 Sunday|ボランティアcomments(0)trackbacks(0)|by もぐすこ

育児工学

今日の朝日新聞からの抜粋です。
育児工学というものがあるそうです。
育児と母親の関係で良いとされていることを脳波・サーモフラフィーなどの機械をつかって科学的に分析する学問です。

赤ちゃんをなでると、赤ちゃんはもちろんですが、お母さんの方もアルファー波がでてリラックスすることができるそうです。

子育てってたのしいんですよ〜〜と、たくさんの人に知ってもらいたいという気持ちからこの育児工学の第一人者小谷博子さんが「プレママサロン」を開催しているそうです。
無料だそうで、私も一回参加してみたいです。。。。


|2008.06.12 Thursday|育児comments(2)trackbacks(0)|by もぐすこ

こしょく問題を解決しよう!!

このところ、小児科の各雑誌でも食育がトピックになっている(小児科診療で今月号で掲載、7月には小児科臨床で掲載されます。)ほど食に対する認識があらたになっています。小児科医の役割も大きなものですから、しっかり向き合っていきたいです。 

ところで、食育を語るとき「こしょく」というキーワードが必ず出てきます。
これは現在の子どもが抱える食の問題を端的に表した物です。
「孤食」
「個食」
「粉食」
「小食」
「固食」
「濃食」


これを解決するために私は提言したいと思います。

五食」です。

続きを読む >>
|2008.06.10 Tuesday|食育comments(2)trackbacks(0)|by もぐすこ

服部幸應の食育の本(vol.2)

食育基本法が平成17年に施行されてから現在に至まで「食育」という言葉がだいぶ浸透してきている気がします。
ところで、「食育」っていったいよく考えるとなんなんでしょう?


続きを読む >>
|2008.06.05 Thursday|食育comments(0)trackbacks(0)|by もぐすこ

発達障害の子どもたち

特別支援教育が2007年4月にスタートして1年が経ちました。

発達が遅れている気がする。。。
頑張って育てているのに、全く自分に愛情を示してくれない。
落ち着きがなくて保育園でいつも先生にしかられてしまう。
ものすごく不器用だ。
言葉が遅れていて心配だ。。
学校で勉強が全然ついていけない。
友達と遊ぼうとしないのはなぜかしら?
読み書きが全くできないわ。。。
すぐ癇癪をおこすのは私の教育が悪いのかしら。。。
私の子は不登校です。。。。

続きを読む >>
|2008.06.04 Wednesday|育児comments(0)trackbacks(0)|by もぐすこ
 
プロフィール サイト内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
オススメ Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ