<< ホウレンソウを漢字で書けますか? | main | 服部幸應の食育の本(vol.2) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2010.02.10 Wednesday|-|-|-|by スポンサードリンク|

発達障害の子どもたち

特別支援教育が2007年4月にスタートして1年が経ちました。

発達が遅れている気がする。。。
頑張って育てているのに、全く自分に愛情を示してくれない。
落ち着きがなくて保育園でいつも先生にしかられてしまう。
ものすごく不器用だ。
言葉が遅れていて心配だ。。
学校で勉強が全然ついていけない。
友達と遊ぼうとしないのはなぜかしら?
読み書きが全くできないわ。。。
すぐ癇癪をおこすのは私の教育が悪いのかしら。。。
私の子は不登校です。。。。

こんな悩みを抱えているご両親の方はちょっと読んでみてください。
相談してみようという勇気がわいてきます。ただ、現状として小児精神科医が全国でも少ないためなかなか相談できないのもあります。そんな意味でもまず読んでみてください。
早めに診断し、正しい認識をすることができれば、社会の暖かい愛情と支援で、すくすく育つことができることを教えてくれる本です。実際の症例を交えながら発達障害という子ども達の実態や、治療法が非常にわかりやすく書いてあります。




|2008.06.04 Wednesday|育児comments(0)trackbacks(0)|by もぐすこ

スポンサーサイト

|2010.02.10 Wednesday|-|-|-|by スポンサードリンク|
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック
 
プロフィール サイト内検索
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
オススメ Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ