スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2010.02.10 Wednesday|-|-|-|by スポンサードリンク|

母乳道〜どんなおっぱいでも大丈夫〜 その3

 搾乳機初体験。。。。

ちょっと自分が牛さんになったような気分でしたが。。。。

日赤ではメデラ(medela)の自動搾乳機が置いてありまして、それを使用します。
息子が「はらへった〜」と泣くと、そこから搾乳作業に入る訳で、でるまでに時間がかかり結局30分位泣かせてしまうことになります。そして、飲むのに20分かかり、授乳時間が合計50分。

2時間おきに50分。。。。

入院中はほとんど寝てるか、搾乳してるかでした。。。


そして、退院後も2週間はそんな感じで。。。すごい果てしない戦いをしているようでかなりぐったりしていました。普通のおっぱいのお母さんがすごくうらやましくて仕方なかったなあ。。。



と、ある日。


息子がお腹かが張っていたので、日赤小児保健部を受診。


結局、問題なかったんですが、母乳相談室の助産婦さんに
「搾乳なんてして、哺乳瓶使ってたら、いつまでたってもおっぱいすえないわよ!!」
と言われてしまう!!

っていうか、私がそうしようとしたんじゃなくて、他の助産婦さんに言われたんだってば!!と思ったが、おっぱいが吸えなくなるんじゃ本末転倒。私の2週間を返せ〜〜!!
となってしまう。。。

「じゃ、どうすればいいんですか!!」と、くってかかると何日か通って直接吸う訓練しましょう!ということになった。

最初は、息子も、哺乳瓶に慣れてしまって、むくんで、陥没した私のおっぱいをぜんぜん飲めず、含ませようとすると「おぎゃ〜〜〜〜」と泣いてしまったが数日頑張るとなんと、なんと、これがまた飲めるようになったのです!!!

そして、そのうち私の乳首も突出するようになって。。。(涙)

その数日間は、哺乳瓶を使わないで夜中も頑張ってたので、息子も私もお互いにうまくいかないとほんとに不眠不休だったから、精神的にまいってしまいそうになったけど、ホントに、ホントに、直母出来るようになったんです!!!


ああ、よかった。。。。ありがとう。○松さん(助産婦さん)!!!


○松さん曰く、どんなおっぱいでも必ずすえるようになるから。。だそうで。
ホントにホントに感謝。


今では、完全母乳ですくすくそだっております。。。




|2009.11.10 Tuesday|母乳comments(0)trackbacks(0)|by もぐすこ

母乳道〜どんなおっぱいでも大丈夫〜 その2

 母乳がどれだけ素晴らしいかもう一度おさらいしましょう

①栄養学的によい
②免疫学的によい
③長期にわたる母子の疾病予防によい
④母子関係の構築によい

ここでは詳しいことは割愛しますが、人類がここまでの歴史を紡いで来たのは母乳のおかげなのですから当然といえば当然なんですが、半世紀前にミルクが開発され、それを推奨してきた世論は、今それが間違いだと気づいた訳なんです。

もちろん、最近のミルクは研究がすすみ、かなり母乳に近づいてはいますが、でも、でも、
まだまだ知られていない成分も多いと思います。

そんな訳で、、、私も是非是非、完全母乳を!!と、頑張ってみたんです

しかし、陥没乳頭


出産数日はどんな人もなかなか母乳はでないようで、それでも頑張って頻回にあげて行くことで
徐々に出るようになるようです。

私もそれを信じて、産後のきつい体にむち打って、母子同室で頑張ったんですが。。。。
陥没乳頭で、更にむくみがある私のつるつるでぱんぱんに張ってるおっぱいを息子は吸うことができませんでした

そこで助産婦さんと相談し、搾乳機でまず搾乳していって、むくみが引いて、搾乳機による吸引力で乳首が出てくるようになったら、直接吸わせてみようということになりました

つづく
|2009.11.07 Saturday|母乳comments(0)trackbacks(0)|by もぐすこ

母乳道〜どんなおっぱいでも大丈夫〜 その1

日赤医療センターで出産したんです。

日赤医療センターは関東で3つしか無いWHO・ユニセフ認定の「赤ちゃんにやさしい病院です。http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_hospital.html

仕事柄、母乳の大切さ、素晴らしさは知っていたので、なんとしても母乳で育てたいという気持ちがあり、実家も近いという理由から選びました。

でも、一つ問題が。。。


私は陥没乳頭だったんです


妊娠中から母乳で育てられるか心配で、それこそマッサージもしたし、おもわずネットで
「ピペトップ」という陥没乳頭を解消する道具まで買ってしまいました。


結果として、出産までに陥没乳頭は治りませんでした


出産直後から、母乳栄養への道のりはスタートします。
産まれた直後、おっぱいを赤ちゃんはすいながらカンガルーケアをします。
そうすることで、刷り込み効果があり、赤ちゃん的に「ああ、この人がお母さんなんだ〜」とインプットされ、その後の授乳行動がスムーズになるんです。


この時も、我が息子は私の突起の無いつるつるしたおっぱいをつるつると顔を滑らせながら一生懸命吸おうとしてましたが、まったく吸えませんでした


ああ、先が思いやられる。。。。


つづく





|2009.11.05 Thursday|母乳comments(0)trackbacks(0)|by もぐすこ

おっぱいはつらいよ

 おっぱいがちくちく痛いんです。いわゆる白班です。

かれこれ1週間になります。

以前になった時に、インターネットで調べたところごぼうの種を煎じて飲んだらいいということで試したら良かったので、今回も同じくごぼうの種を煎じたエキスを飲んでみたんですが、全く効果なし。。。しかも、苦い!!!

寝ていてもチクチク。

おっぱいの先も剥けてしまって、息子が飲むたびに絶叫です

ついに観念して、本日近くの病院へ。

「次の方、お入りください」

先生に経過をお話し、助産師さんに見てもらったら、

「ああ、これは、浅く飲んでるからよ〜

と、一言で終了。

ああ、息子よ。そうだった。

私たちは、あの愛と陥没乳頭との日々を忘れていたのだ

浅飲みで舌の出せない息子と陥没乳頭の母による涙ぐましい1ヶ月の格闘の日々を。。。
(陥没乳頭〜格闘編〜参照)

今日からまた戦いが始まる。。。。






|2009.11.05 Thursday|母乳comments(0)trackbacks(0)|by もぐすこ
 
プロフィール サイト内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
オススメ Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ